Tag: 都政

東京都知事選の考察

東京都という全47都道府県の中でも首都というポジションを担うトップを決める選挙が来月の9日に行われる中、次々に立候補者が名乗りをあげている。

中でも注目を浴びているのが細川元首相と舛添元厚労相の2名ではないだろうか。

他にも宇都宮前日弁連会長や田母神元航空幕僚長など数名が立候補を表明しているが、注目度や経験地からすれば前者2名の方が圧倒的に有利である。

だが、個人的には今回の選挙ほど東京都民はおろか政治というものを馬鹿にしているものはないと考えている。

本来であれば石原元都知事から継承した都政を猪瀬前知事が全うに行えれば良かったのだが、自身の政治献金問題で辞職をせざるを得なくなったための選挙、石原・猪瀬両氏の意思もそうだが、都民のことを第一前提に立候補者は考えていかなければならない。

にもかかわらず、与野党問わず自前候補者を擁立することが出来ず、気付けば今回のような自体に陥っている。

自民・公明両与党は舛添氏を、民主党は細川氏を共産・社民が宇都宮氏をそれぞれ支持するようだが、あくまでも支持のみで公認や推薦にはしないし、舛添氏はかつて自民党を批判・離党した点、細川氏は首相時代の政治資金問題等々による不信感も残っているようで、一部では態度保留や批判が拭えていない。

また、他党について態度は明確でないが、舛添、細川両氏が軸になることは想定される。

しかし、今回の選挙のメーン課題は都政についてのはずなのだが、小泉元首相の「脱原発」というテーマが主軸になりつつあることが懸念だ。

細川氏の立候補も小泉氏や旧新党時代の同士たちから担ぎ上げられたようなもので、自身でなく他人の褌で相撲を取ろうとしていること自体が候補者としてあまり相応しくない。

舛添氏については過去に都政を志して都知事選にも出馬しているが、それ以前に自身が率いてきた政党を蔑ろにし、国政から足を洗ってから都知事にというのもどうかと思ってしまう。

かといって、他候補についても実際に都政を率いる力があるかは未知数すぎる。

過去の都政を見ていけば、大半が実力者またはリーダーシップがあった人間ばかり。

様々なことを議論し、それを都政に生かすことは都民からすれば大いに歓迎出来るが、今回ばかりは期待はあまり出来ない。

また、今回の選挙を国政の大転換へ利用、脱原発や原発政策議論を大いにしてもらいもっと力を入れてもらいたいという勢力があるようだが、着眼点がずれ過ぎている。

国政に影響を及ぼすことは否めないが、何事にも国を前面に出してしまうのであれば地方分権には値しないし、都道府県や市区町村などの行政などお飾りみたいになってしまう。

最近の選挙は「民衆」のための選挙とは思えないほど酷い。

せめて、今回の都知事選が都民のために行われ、都民が望むとする都政を担う者に知事になってもらいたいものだ。

そして、今後行われる選挙についても同様になることを切に願いたい。

今日のひとこと
「寒さに凍えてしまいそうだ。このまま都政も冷え込まなければいいのだが・・・・・」

ギャラリー
  • アイバンさん
  • アイバンさん
  • アイバンさん
  • 腰が………。
  • 腰が………。
  • 母校にいます。
記事検索
アクセスカウンター

QRコード
QRコード
ブログトピックス
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor画像検索ランキング
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor プロフィール
livedoor 天気
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
J-CASTニュース
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ

トップに戻る