Tag: 民主党

支持&批判

さつき知ったけど、また麻生首相が不適切発言をしたとか言ってた。

学生集会で「金が無い人は結婚しない方がいい」と言ったみたいだけど、これは不適切でもなんでもない。

正しいと思う。


愛だけでは結婚は成り立たない。

生活をするためにはお金は必要だ。
これは事実。


それを不適切と取り上げるマスメディアは正直言って阿呆であるとしか言いようが無い。

私としては麻生発言よりNHKの政見放送で民主党が自分の党の応援をタレントにさせた方が問題だと思う。


タレントは知名度が高ければ高いほど発言力は絶大。

今回出てたタレントは有名俳優の奥様で、主婦層などには人気がある。

そんな人物を政見放送で使うなんて卑怯だ。


選挙は政策が重要なのに、ここにきて知名度………しかもタレントを使うなんて………。

そこまでして民主党は政権交代したいのかな?


胡散臭い政治

近頃の政治が胡散臭く思える。


西松建設や郵政関連汚職事件は与野党問わず未だに解決しておらず、世襲問題もうやむやのまま。

自民党は政権を守るのに必死だが、内部をまとめきれていないために都議選や地方選で惨敗し、今回の総選挙では大物までもがどぶ板選挙をしなければいけない事態になった。

やはり麻生首相が就任直後に解散していればという思いに駆られる議員も多くいるだろうが、全てはタイミングや失言が悪かったため、こちらもまたうやむや。

一方の野党側はどうだろうか。


民主党は一昨日の参議院選挙の大勝利以降は飛ぶ鳥を落とす勢いで、都議選や地方選の大勝利を見るかぎりでは政権交代も現実味を帯びてきた。

各団体のマニフェストの評価の平均でも若干民主党が優位であり、某首長連合は民主支持を決定するなど、確実に風は民主党に吹いている。


しかしながら、ここにきて民主党政権を望んでいた声が不安の声になってきたように聞こえる。


マニフェストの現実性の無さや政権運営能力の有無がいい例である。

ちょっと指摘されたくらいですぐに変更をしたり、党内でもまだ問題になっている政策でさえもマニフェストにしている。

「政権交代」というキーワードがただ一人歩きをし、自分たちの政権奪取のためだけに我々国民が利用されているようにしか思えなくなってきた。

だからといって自民党の政権というのも微妙である。

今まで日本を支えてきた重要な政党であり、その役割を考えれば自民党の方がいいのかもしれない。

しかし、ここ数年の自民党政権は散々だ。

公明党と連立し、そこから自民党は完全に公明党失くしては生きていけなくなってしまった。

総理総裁の椅子もあっという間に交代するくらいに軽んじられたように思えてならない。

他の党はどうだろうか?

社民党は早くも民主党に取り入って政権入りを画策しているし、国民新党や新党日本は政党としての役割を果たしていない。

国民新党や新党日本を見ていると日和政治をしているとしか思えない。

今回の総選挙でも民主党の公認を得て出馬し、自党よりも民主党を前面に出して選挙戦を戦おうとしているその考え方が許せない。

特に許せないのが新党日本だ。

結党しておきながら党籍を民主党に移したり、党首である田中康夫自らも参議院での議席を持ちながら民主党の要請で落下傘候補になったりと支持者を馬鹿にしている行動が目立つ。

そんな党が平気で政党助成金をもらっているのが余計に腹立たしい。

彼らは今すぐにこの金を全額返金し、党を解党して民主党にでも移ればいい。


こんな政党が政権に関わるのであれば、まだ共産党の方がいい。

また、いくつか新党も出来始めてきた。

立派な党かどうかは今後の状況を見守るしかないが、ただ議席欲しさに党を作っただけでは所詮は諸刃の剣、あっという間に壊れ見捨てられるだろう。


私はそろそろ別の選択肢も必要ではないかと思えてきた。

どの政党にも年齢や当選回数関係なくいい人材は多く見受けられるが、なかなか日の目を見ることが出来ずにその力を発揮出来ないでいるのが現状だ。

私としては彼らに政党という大きな壁を乗り越えるなりぶち壊すなりして新しい政治を行ってもらいたいものだ。










ギャラリー
  • アイバンさん
  • アイバンさん
  • アイバンさん
  • 腰が………。
  • 腰が………。
  • 母校にいます。
記事検索
アクセスカウンター

QRコード
QRコード
ブログトピックス
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor画像検索ランキング
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor プロフィール
livedoor 天気
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
J-CASTニュース
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ

トップに戻る