Category: ?エッセイ?「空を見上げて」

見えない先へ

人生は一本の「道」だ。

ただし、必ずしも直線とは限らない。

紆余曲折、右往左往し、各所のチェックポイントを経てゴールを迎える。

とはいえ、先が見えないと不安を覚える。

先日も友人と先々のことを話していたのだが、やはり見えてこないと不安が肥大する。

確かに、何をするにしても「確証」というものはない。

それが楽しめることが人としてある意味「粋」なところもあるが、万人がそんなことを出来るわけもない。

常に暗中模索の手探り状態、懐中電灯があればいい方だ。

中には先々のことが決まっていて、「道」も常に明るく照らされている人もいるが、そんな人は一握りでしかない。

もう少し、余裕を持てればいいのだが、簡単にいかないのが現状といえる。

この先、何が待ち構えているかは判らないが、先へ進むしか出来ない。

後退は出来ないし、コースアウトは逃げることになる。

せめて、先を進むために少々足元や先を照らす明かりがあればいいのだが。

そんなことを思いつつ、今日もまた見えない先を歩く。

身体への気遣い

年末年始から風邪の初期症状が続き、ようやく開放されたと思ったら今度は疲労困憊が目立ち、食後の胃からの込みあがりが激しくなった。

忘年会や新年会もあったし、具合が悪かったために5キロウォーキングを止めていたらこの様だ。

まだまだ20代だと思ってはいたが、意外と身体は老化傾向にあるのかもしれない。

調べてみるとどうやら「肝臓」があまりよくなさそうだ。

元々医者から「肝脂肪」という診断を受けており、運動をとにかくすることだと言われ、食事にも多少気を使いながら運動をしてきたのだが。

気になって薬局へ行き、肝臓によい薬を求めるのだが、思っていたより高額で驚いた。

「タウリン」という牡蠣や蜆などの貝類や烏賊に蛸といったいわゆる海産物に多く含まれている成分が肝臓によいということなのでその薬を求めたが、扱っていなかった。

薬剤師を呼んで頂き、説明を聞いた。

どうやらタウリンだけでなく「アミノ酸」なども取らなければバランスがよくないとか。

それに、市販の薬よりも医者から処方された薬の方が安価だそうだ。

とりあえず、高額な薬に太刀打ち出来ず、薬剤師とお店の方に謝りながら帰った。

翌日が土日だったのでゆっくり休むとともに栄養剤を服用した。

たっぷり寝たことと栄養剤を飲んだことがよかったのか、思ったより元気になれたのだが、やはり食事が辛い。

食べれるし、お腹も空いたのだが、どうしても身体があまりいい反応を示さない。

肝臓だけでなく、胃腸もやられているのかもしれない。

そうなると、いよいよ色々と嫌なことを考え始めてしまう。

まぁ、先日もピロリ菌が発見されて胃がんのリスクが上がったし、肥満だから悪化すれば糖尿病や痛風などのリスクだって出てくる。

とはいえ、まだ20代、医者もそこまで深刻に考えていないのかあまり考えない方がよいという。

確かにあまり下向きに考えてしまうと何事もよくない方向へ行く。

もう少し楽観的にはまずいのでそれなりに考えていればいいのかと思う。

とにもかくにももう少し身体を動かせるようにしなければと思う今日今頃である。

少し健康への弱音でも

寒くなったためか、ちょっと体調がよくない。

このようなことを考える年ではないのだが、用心はしておいた方がよい。

この1年半くらいで4つも病気になってしまった。

病名というほどでもないし、すぐに死んでしまうものでもない。

強いて言えば、早期完治が長寿への道ということだろうか。

元来、私は何事においても強い人間ではなかったが、見た目とは裏腹に健康ではあった。

しかし、年を重ね、立場も状況も変化すれば人間や動物だって変わってくる。

今ではすっかり不健康と三十路への仲間入り数歩手前になっている。

昔はこうなるなど考えたこともなかったのだが、今となっては自身の評価や自己管理が不徹底だったと言わざるを得ない。

幸い、病気は良好へと向かっているが、昔と違い、身体や精神がちょっと弱ってしまった。

気力がある時は元気なのだが、ちょっとでもバランスを崩せばもうダメである。

このままではいけないと思い、常に何かしらはしようとしているのだが、気持ちと身体がついていかない。

こういう状況を生み出してしまった自責の念が日増しに強くなっている。

来年はそうならないように少しでも変化に勤めなければと考えなければいけない。

何をするにも答えを一つにしてはいけない。

答えは無限、可能性も無限だ。

世の中もそうだが、私個人ももう少し背伸びをしてみよう。

来年の今頃は、もう少し健康でありたいと思う。

人事考察

よく人事の話をする。

人事の話といっても仕事の話ではなく、誰が移動するとか誰が理想とかくだらない話にも思える。

でも、意外と考えると面白く、またどのような組織になるのかが気になって仕方がない。

辞めなければまだ40年以上あると思われるサラリーマン生活の中で、人事は実に興味深い。

時々、上司などとも話す機会があるのだがやはり目先でなく数年以降先を考えて決めなければいけないということを聞いていて思うことがある。

私なんかは適材適所に配置すること、部署縮小や統合などで一部人件費の圧縮とか会社自体を再分社化するとか外部から人を受け入れるとか色々なことを考えてしまう。

予想屋というよりは理想屋・夢屋とでも表現すべきなところだ。

ただ、面白いだけで考えているだけではいけないので私なんかは人格なんかも見るようにしているが、まだまだ人を見る眼力は養われない。

養うにしてもなかなか難しいのだが。

私事ですが・・・・・

先日、誕生日を迎え、また1歳上がりました。

私より一回りも二回りも上の方にこのようなことをいうと叱られてしまいますが、年々各所の衰えは隠せません。

私の衰え

ゝ憶力⊃欲1親偉廊さの廊セ弭洋廊Δ笋覽き恋愛・・・・・etc

まぁ、どれも極端に低下しているわけではないのですが、時々思うわけで。

あまり好ましくはないので何とかしようと思うのですが、さの呂衰えているから余計に思うようにならず、気付けばまた明日状態。

逆に向上しているものもあります。

〔鄂喚∪欲9ゴ饋喚け親杏埖サ真完典喚Ω鋲抜供ΑΑΑΑetc

向上という例えも可笑しいですけどなんとなくそう思えるのです。

どちらにしても低下だろうが向上だろうがお恥ずかしい話です。

今年は双方ともに改善していこうかと思います。

まずは、表現力でしょうか。


雨脚に酔いしれる

6月に入り、雨が多くなった。

まさに梅雨という季節だけある。

休日前夜、何処か行こうと思って思案している内に眠り、起きたら雨。

なんとも言えぬ思いがした。

だからといって寝ているわけにもいかない。

気がつけば、料理を始めていた。

しかも、朝食ではなく酒のつまみのようなものを何品も。

酒が飲めるわけでないが、作ってしまった。

酒の代わりに好きな炭酸水を果実酢で割り、ちびちびと飲みながら料理を食べ、外を眺めていた。

景色は住宅街だから家々しか見えない。

しかし、雨脚の音が感じ良い音色に聞こえた。

音色を聞き、何も考えずに1日を終えることもまたよいものだと思った。

たまにはこのような日々を味わうのもいいのでは。

冬支度をしつつ・・・。

もう11月も20日を過ぎた。

今年も残すところあと1ヶ月と10日位。

昨日の話だが、日に日に寒くなってきたので、12月中につけるはずだった暖房器具スイッチに手を伸ばす。

そして28℃に設定し、スイッチをONにした。

おかげさまで部屋は暖かくなった。

なんか、例年より寒くなるのが早い気がする。

まだ冬でないのにこんな調子だと冬を耐えられる自信がないかも・・・。

それはそうと、ここ数日は天候が非常に良い。

太陽の日差しが思ったより眩しく、洗濯物もこの季節なのに乾きが早い。

まぁ、風が強いから飛ばされやすいのが難点だけど。

風は冷たいが、澄み渡るほどきれいな青空を見ることが出来、そのためか周囲の景色も美しく見える。

紅葉を見ようと思ってはいたけど、結局行かないままシーズンは終わってしまったようだ。

来年こそはリベンジしたいと思っている。


今日の空は透き通っていて、嘘偽りがなさそうだ。







ギャラリー
  • アイバンさん
  • アイバンさん
  • アイバンさん
  • 腰が………。
  • 腰が………。
  • 母校にいます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor画像検索ランキング
本ブログパーツの提供を終了しました
プロフィール

指田 館人

livedoor 天気
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
J-CASTニュース
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ

トップに戻る