Category: 『今日の散歩道』(ミニコラム)

騙されて・・・・・。

最近の天気はとても日が出ており、室内から見れば晴れ晴れした天気なので外は暖かいんだろうと思う。

しかし、実際に出てみると風が吹いていたり、気温が低かったりでかなり寒い。

ましてや、雪も降るのだから冬の天気はなかなか侮れないものだ。

侮れないと言えば、オレオレ詐欺や振り込め詐欺といった特殊詐欺の被害が過去最高の486億9325万円だったと警察庁が発表した。

昨年より被害額も手口も約3割強増加し、ここ4年間においても被害が増加傾向にあったそうだ。

手口もATM振込みではなく、宅急便や封書による輸送による行為もあるとか。

銀行でも高額振込みが出来なくなったためなのだろうが、犯人側の手口の卑劣さが許せない。

天気もそうだが、犯人の手口をなかなか見抜くことが出来ず騙されてしまう。

これもまた人間の深層心理の一つなのだろうか。

今話題になっている某作曲家のゴーストライターの暴露の件、これもある意味騙しだ。

天気に騙されるならまだいいが、人に騙されることは非常に嫌悪感を覚える。

狸や狐、霊に騙されるとかの御伽噺の方がまだ可愛い。

何をするにも侮ってはいけないのだろうなと改めて思った次第。

今日の一言
「亀田問題がまた・・・・・。ルールを統一して問題を無くすことが重要だが、泥沼化しそうだな」

孔子の教えと自分自身を比べてみる

先日、大学の仲間との飲み会があった。

出会ってから10年近く経つが、みんな変わらず、社会に出ても頻繁に会えるのだからこれほど有難く、仲間に恵まれていることは非常に嬉しい限りだ。

しかし、年々無理を出来なくなっている自身をはじめ周囲を見ていると歳を重ねることが億劫になってしまう。

そんな時、高校の授業で学んだ中国の孔子という儒学者の一節を思い出した。

「吾十有五而志于学、三十而立、四十而不惑、五十而知天命、六十而耳順、七十而従心所欲 不踰矩」

これでは何を書いているかわからないので訳してみる。

『子の曰く、吾れ 十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順がう。七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず。』     

もう少しわかりやすく訳してみる。

「わたしは十五歳で学問に志し、三十になって独立した立場を持ち、四十になってあれこれと迷わず、五十になって天命(人間の力を超えた運命)をわきまえ、六十になって人の言葉がすなおに聞かれ、七十になると思うままにふるまって、それで道をはずれないようになった。」

今年で28になろうとしている私としては孔子の一節では独立した立場に近い位置にいる。

このまま推移すれば道に外れず、平均寿命当たりで終焉するだろうが、現実にこのような流れに沿った生き方など簡単には出来ない。

諸説、考え方もたくさんあるからここでは何ともし難い。

だが、今の自身はどうなのだろうかと思った。

まだまだ程遠いし、ここまで立派な人間にはなれていない。

とはいえ、理想や野心というものも少なからずあるし、未来もある。

先はどうなるかわからないから今を精一杯生きているが、過去を振り返らないことは無いし、未来も予想している。

まだまだ上にも下にも負けてはいられない。

だが、そろそろ無茶は出来ないから身の丈よりほんの少し背伸びをしても支障がない程度に生きていこうと考えている。

まだまだ好奇心も向学心も向上心もあるからこそ、ちょっとゆとりを持ってみた方がいいのかもしれない。

とはいえ、もう少し無茶は止められそうも無いから抑止力を持たないといけない。

今日の一言
「鬼は外、福は内」とは言うものの、福より鬼ばかり。そろそろ福が欲しいころ。神様一つ良しなに。



考え事をする考え

最近、考え事をしすぎたためか、いささかスランプ状態だった。

別に私個人が考える必要もないことが多いのだが、生来の考える癖、疑問に思う癖がそれを許さない。

それだけ諸問題が世の中に多くあるという表れなのだろう。

その諸問題についての一個人の見解はいずれまた文面にして発信するつもりだが、どこまで上手く表現出来るかはわからない。

素人が玄人になることは容易ではない。

私自身、玄人になりたいと思ったことはあるが、今の段階ではそれを生業にすることは至難だ。

でも、考えることをするからには何かしらで発信したいという気持ちがあるため今に至っている。

この気持ちをわかる人はおそらく身内でもいないだろうな。

それにしても、色々な面で今後の先々が心配だ。

世間一般が注目しているのはやはり東京都知事選や消費税関係に伴う景気の先行き、中国韓国との歴史等問題、沖縄基地問題、TPP問題だろう。

あとは各自の立場や私事、家族・親族・友人等の関係だろうか。

とにもかくにも考えることは多い。

それだけ生きているということは凄いのだろう。

出来るだけ早くスランプから抜け出したいものだ。

今日の一言
「暑寒の繰り返しでは具合が悪くなる一方。こちらも気をつけなければ」



2014年「始動」

2014年になり、気づけばもう6日も経過しているとは。

時の流れの速さには相変わらず脱帽です。

元旦から6日間で色々な報道がありましたが、ここでは割愛。

さて、今年はどのような年になるのでしょうか。

まぁ、今から約360日に何が起こるかなど想定も推定も難しいところですが、個人的には平和・平等であればいいような気もします。

本日から仕事が本格始動しますが、今週は様子見ですかね。

とりあえず新春早々から張り切りすぎて身体を壊してしまわぬように少しずつ身体を慣らし、頭を働かせて行きましょうか。

今年も皆様が健康かつ幸せになりますように。


※本日より始動します。
 皆様、よろしくお願い致します。

今年を振り返り

2013年もあと数時間で終了する。

思えば今年は考えていたよりも早く年が過ぎるのを感じた。

自身が年を取ったということもあるが、何をするにしても常に師走感が感じられる。

政局にしても消費税増税や日本版NSC設置に特定秘密保護法の開始という大きな問題が与党の数の力で簡単に通ってしまったし、経済も諸外国の状況を見ながらも景気回復も見受けられてきた。

早い分にはいいのだが、もう少し考えることも必要ではないのかと思うところもあった。

芸能界は相変わらず結婚・離婚ラッシュが続くし、犯罪も巨悪になっていく。

こちらについても考えることをすればもう少しいい方向にいったようにも思える。

何をするにも「思考」することが必要だなと改めて考えさせられた1年だった。

早すぎてお粗末になってしまうようでは某都知事のようなボロを出してしまう。

来年はもう少し考えることを皆様にお勧めしたいものだ。

今日のひとこと
今年の喜事「2020年の東京五輪決定」、今年の怒事「三鷹のストーカー殺人」、
今年の悲事「人と人の意思疎通の無さ」、今年の楽事「生活が発展していくこと」
個人的な総括「今年も自由気ままにやらせて頂いた事に感謝」

本年もお世話になりました、来年も一つお付き合い下さいます様、よろしく御願い致します。
皆様も御身体を大切に良い年末年始をお過ごし下さい。

※来年は1月6日の週からコラム始動予定です。

近くなりすぎるのもいけないのでは?

久々に東京駅構内を散策した。

ここ数年の再開発の結果、地下街には店が多く出展し盛況している。

とりわけ飲食関係が充実しており、各地の名店がこぞって出店していた。

仙台の伊達の牛タン、名古屋の矢場とん、つけ麺で有名な六厘舎をはじめ、企業ではグリコやカルビー、森永製菓などが駅限定のお菓子などを売っている。

飲食だけではない。

各TV局の番組関連グッズを取り揃えたアンテナショップ、有名キャラクターの専門店など多岐に亘っている。

駅周辺でも地方のアンテナショップをはじめ、有名ブランド店や書店、百貨店に入っているテナントなどが出店し、こちらも大盛況だ。

東京駅舎が新しくなり、ホテルも出来たのである種の観光地化になっていることも一つの要因だろう。

私も時々散策しては商品を買ったり食事もするのだが、先日感じたことがある。

このままでは地方へ行く必要性が無くなってしまうのではないかと。

インターネットの普及により、地方の特産物も簡単に手に入るようになったし、動画で観光地を見ることも出来るようになった。

それに地方出身者が都会へ行き、そのまま定住してしまうことで過疎化も深刻化している。

そんな中で、地方が名産にしているものがもっと身近になってしまい、その結果、観光や買い物をする客が激減すれば地方は破綻してしまう。

新幹線の開通も進み、高速道路もより使いやすくなり観光なんか以前より楽になったり、ツアーなんかも安く行けるようになったが、ある種の足枷になるのは間違いないだろう。

本来であれば地方への集客や移住等が目的なはずが裏目に出ている格好だろうか。

有難味が遠く感じるようになってしまった今日今頃である。

マスメディアに疑問を覚えるとき

どうも、最近は特定の内容しか新聞もTVも雑誌も取り上げない。

ネタになることは重々承知しているが、これではまるでマインドコントロールのような感じで気味が悪い。

もし取り上げられるネタが自身もしくは関係者であったと思うと恐怖を覚える。

連帯責任というわけではないが、それなりの社会的、道義的等の責任が発生してしまうことはやむを得ない。

それでも人権が関わる以上はそれなりの保護責任等を行使しなければいけないのだが、どうも最近のマスメディアはそれを等閑にしている。

被疑者であれば容赦なく報道し、被害者であっても何から何まで調べ上げては洗いざらい報道し、状況によっては内容を過大することも可能であるから場合によっては恐ろしい自体になることだって考えられるのに仕事を盾に御構いなしだ。

昔と比べて個人が自分の意思で動くことが出来ない昨今、何かしらのステータスがあって徒党を組むことも出来るし、様々な主張も出来る。

だが、何もかもそうなってしまえばまるでロボットでしかないと考えてしまうのは私だけだろうか。

このままでは自己を無くしてしまうようで怖いし、人権すら皆無だ。

マスメディアももっと世間や世界、巨悪を見ればいいのだが、どうしても身近で誰もが食いつく旬のネタしか取り上げていないのが残念でならない。

嫌な世の中になったものだ。
ギャラリー
  • アイバンさん
  • アイバンさん
  • アイバンさん
  • 腰が………。
  • 腰が………。
  • 母校にいます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor画像検索ランキング
本ブログパーツの提供を終了しました
プロフィール

指田 館人

livedoor 天気
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ

トップに戻る