成人を過ぎたら年齢制限などは設けない方がよい

年々平均寿命も高年齢化することは喜ばしいが、その一方で少子高齢化が進み、既に高齢社会に片足を踏み込んでしまっているのが現状で、公的でも民間でも高齢対策が追いついているようにはとても思えない。

テレビで見る保険のCMでは高齢者でも加入出来ると謳っているが、実際は一定の年齢までしか入れず、企業の定年者への再雇用についても65まで義務化される中、年金授受の関係などにより身分や給与などの待遇が悪く辞めてしまうケースも多いようだ。

そのためか、技術が必要な業界では若手育成が間に合わない上、再雇用が上手く行かないため技術伝承が出来ていないケースもあると聞いた。

また、晩婚化が進んでいるという中で、「高齢出産」に伴う不妊治療等にも制限が出来ている。
少子という状況下、高齢であれ妊娠・出産を望む方は多いようなのだが、医療関係の補助が足枷になるという。

このまま高齢社会に突入し、現状のままで各種推移すれば国家が無くなってしまう危険性すらある。

対策等については各種様々あると思うが、まずは成人になった段階で設定されている年齢制限を撤廃してしまうのが一番だと私は考える。

雇用や生活にしろ、金が回らなければ企業が成り立たないし、働けなければ生活が成り立たない。

また、医療・福祉についても手厚い保護が必要である。

年金を払っていても貰えなくなる危機すらある中、現状に甘んじていては何もかも崩壊してしまう。

「ゆりかごから墓場まで」という某国の各種手厚い保証があれば別だが、それすら見込めない。

行政もそうだが、企業としても対策を講じなければ先は無い。

若者に対しても高齢者に対しても手厚い保護と自立と共生をさせるためにもっと動いてもらいたいものだ。

トラックバックURL

成人を過ぎたら年齢制限などは設けない方がよい へのトラックバック

まだトラックバックはありません。トラックバックはこちらから

成人を過ぎたら年齢制限などは設けない方がよい へのコメント一覧

まだコメントはありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントする(このブログのコメントをRSSフィードで購読することができます)

成人を過ぎたら年齢制限などは設けない方がよい にコメントする
絵文字
ギャラリー
  • アイバンさん
  • アイバンさん
  • アイバンさん
  • 腰が………。
  • 腰が………。
  • 母校にいます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor画像検索ランキング
本ブログパーツの提供を終了しました
プロフィール

指田 館人

livedoor 天気
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ

トップに戻る