とある出来事からの考察

先日、昼食で訪れたラーメン屋で注文したものが20分くらい出てこなかったことがあった。

普通の人であれば怒ってしまうだろうが、店のフォローや状況等を考えて私は待った。

元々気長な方なので大したことはない。

強いて言えば嫌いだからトッピングから除外してもらったはずの胡瓜が入っていたことが頭にきたかもしれない。

とはいえ、2名の歳の離れた男女が切り盛りしているんだから多少のことは致し方ないという気分だ。

しかし、世の中とは不思議なもので、1名で大勢の注文に対応する料理人もいれば、大人数で作業を分担して料理を出す店もある。

仕事で例えてもそうだ。

個人事業主でも時間を持て余す方もいれば1人で精一杯にも関わらす多くの仕事をこなす方もいれば、大所帯でありながら仕事の分散が上手くいかず人員整理をするような企業もある。

人の効率や業種業態による影響かもしれないが、ここまで対極だと本当に不思議だ。

我が国の失業率は昨年度では4.1%で約260万人だとか。(総務省統計局データより引用)

国が思い切って失業者に対して雇用保証をすべきだと思う。

今までは保険とか補助金とかで賄っていたが、これでは損をするのは働いている国民だけだ。

景気を底上げするため、企業が欲しがっている人材に対応するため、人が独立して自身の意思を持って生活が出来る様にするための大前提として国が失業者を一手に雇用し、適性検査や人材調査等をした上で見合った業種業態に派遣すればいいと私は考える。

簡単なことではないが、遠くない将来に待っている様々なことを考えれば絶対に行うべきだと思う。

今日の一言
「景気回復の前進は増税や消費も必要だが雇用こそ最重要課題では?安倍さん」

トラックバックURL

とある出来事からの考察 へのトラックバック

まだトラックバックはありません。トラックバックはこちらから

とある出来事からの考察 へのコメント一覧

まだコメントはありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントする(このブログのコメントをRSSフィードで購読することができます)

とある出来事からの考察 にコメントする
絵文字
ギャラリー
  • アイバンさん
  • アイバンさん
  • アイバンさん
  • 腰が………。
  • 腰が………。
  • 母校にいます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor画像検索ランキング
本ブログパーツの提供を終了しました
プロフィール

指田 館人

livedoor 天気
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ

トップに戻る