ネット政治活動を見て一言

参議院選も残りわずかとなっている中で、今回から導入されたインターネットによる政治活動を見てみた。

各政党が使用する媒体としてはツイッター、フェイスブック、ニコニコ動画、スマートフォンのアプリなどが新規に加わった以外は通常通りのインターネットによる情報伝達のままだ。

とはいえ、各党ともに党色を前面に出しているが、やはり政治資金なのだろうか、小政党と大政党の広報に差が出ているのは否めない。

自民党はスマートフォンで安倍首相(総裁)のゲームをアプリ化し、誰でも遊べるようにすることでゲームと政党をつなげ、より政治を親近感がわくようにしているが、一目見て驚嘆した政党のサイトがあった。

日本共産党である。

まさかと思ってしまうほどの内容で、共産党の目指す政治に合わせてキャラクターを作成し、そのキャラクターが政権公約をサイト上で説明するというものだった。

党員が年々減少傾向にあると聞くが、自党のビルも自費で賄うくらいなの資金力を持っているのでサイト作成等ではそれほど党として痛むこともない。

むしろ若年層を中心に党員獲得へ向けての布石とも思える一歩先を見た戦略も否めない。

現状では自民・公明両党が過半数を占める勢いで、場合によっては自民党の単独過半数獲得も視野にある。

先の政党の負の遺産がどこまで払拭出来るか、そしてどれだけ先への成長が出来るか。

今回の選挙が全政党・政治家に対しての成長への糧としてもらいたいものだ。

トラックバックURL

ネット政治活動を見て一言 へのトラックバック

まだトラックバックはありません。トラックバックはこちらから

ネット政治活動を見て一言 へのコメント一覧

  1. 1.
    日本共産党は昔、資本主義国が福祉を取りいれるのはおかしい、それは共産主義国になってからするべきだと主張していた。
    日本共産党はかつて、中国共産党の手先であった。
    日本共産党の本音は日本国を共産主義国にすることであるが、口が裂けても本音は言わない。

コメントする(このブログのコメントをRSSフィードで購読することができます)

ネット政治活動を見て一言 にコメントする
絵文字
ギャラリー
  • アイバンさん
  • アイバンさん
  • アイバンさん
  • 腰が………。
  • 腰が………。
  • 母校にいます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor画像検索ランキング
本ブログパーツの提供を終了しました
プロフィール

指田 館人

livedoor 天気
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ

トップに戻る