テロリスク

つい150年位前までは「鎖国」と揶揄されてきた日本や中国等のアジア諸国は今や、堂々と海外にて生活したり、事業展開をしているが、常にリスクは抱えている。

異文化による問題が一番だろうが、その次に考えられることは「テロ」ではないだろうか。

2000年のアルカイダによる飛行機をハイジャックし、ニューヨークの貿易センタービルに突撃した光景は今でも覚えている。

あの時はビル内に入居していた国内企業の人間が犠牲になっている。

その後もテロ組織や軍隊によって犠牲者が出ている。

戦争やテロは簡単に根絶出来るものではない。

数十年から数百年に亘って続いてきた様々な思惑がこのような事態を招いている。

日本などはテロが早々起きることもない平和な国家であるが、他国は違う。

中米や中近東の発展途上国だけでなく、欧米諸国ですらテロの脅威にさらされている。

日本でもし大規模なテロが発生した場合、簡単に対応出来るだろうか。

自衛隊という軍隊がいても、法律上国防も出来なければ諸外国すら助けることも出来ない。

今回アルジェリアで発生したテロに巻き込まれた日本企業および従業員たちはただただ指をくわえて情勢を見守ることしか出来ない。

しかも、21日には日本人7名の犠牲者が確認されたことが政府から発表されている。

各種報道を見ても残忍極まりないと思えてならない。

今回のことを踏まえ、日本はどのようにして未曾有のテロを防がなければいけないのか。

正直言って防ぐことは用意ではない。

傭兵を雇ったり、事業展開をする国々の国軍に頼ったりして警護を強化することが一番考えられるケースだと思うが、それだけがテロ抑止にはつながらない。

サイバー攻撃、従業員のストライキからの暴動、国家間による争いへの巻き添えと考えれば切がない。

人対人の問題だからこそ話し合うべきなのだが、武力に頼ってしまうのが今の現実である。

戦争は悲劇しか招かない。

だからこそもっと平和について我々は考えていくべきだ。

今後、日本はどうあるべきかを安倍政権には強く訴えたい。




トラックバックURL

テロリスク へのトラックバック

まだトラックバックはありません。トラックバックはこちらから

テロリスク へのコメント一覧

まだコメントはありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントする(このブログのコメントをRSSフィードで購読することができます)

テロリスク にコメントする
絵文字
ギャラリー
  • アイバンさん
  • アイバンさん
  • アイバンさん
  • 腰が………。
  • 腰が………。
  • 母校にいます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor画像検索ランキング
本ブログパーツの提供を終了しました
プロフィール

指田 館人

livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ

トップに戻る