日々の変化に一喜一憂

新年になり、年賀の挨拶を友人たちにした。

近年は年賀状よりもメールやSNSを利用した挨拶が多くなり、今年も早速挨拶をした。

しかし、年々相手からの挨拶も簡略化したり、中には返事が返ってこなかったり、送れなかったりもする相手が続出した。

喪中であればこちらに不手際があるので謝るところだが、返事が返ってこないことは残念だった。

しかし、これもまた日々の変化なのだと思ってしまう。

我々は常に予測が出来ない中で時を過ごしている。

自分たちが描いた理想通りに生きることはなかなか出来ない。

こればかりは致し方のないことであり、近況が常に変わる以上普通なのだと考える。

だが、この現実に納得しない私がいるのも確かである。

嫌われたのであろうかとか、避けられているというネガティブな考えになってしまったり、一般的なことすら出来ないのかと呆れかえってしまったり、どうでもいいかと流されたりという考えに陥ってしまう。

こんな些細なことで一喜一憂する自身がまだまだ幼いのであろうか。

現実とは実に冷淡なものであると思う今日この頃である。


「今日の一言」

七草を 食す前に 身心病みて 験を担ぎなど する意味もなし

トラックバックURL

日々の変化に一喜一憂 へのトラックバック

まだトラックバックはありません。トラックバックはこちらから

日々の変化に一喜一憂 へのコメント一覧

まだコメントはありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントする(このブログのコメントをRSSフィードで購読することができます)

日々の変化に一喜一憂 にコメントする
絵文字
ギャラリー
  • アイバンさん
  • アイバンさん
  • アイバンさん
  • 腰が………。
  • 腰が………。
  • 母校にいます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor画像検索ランキング
本ブログパーツの提供を終了しました
プロフィール

指田 館人

livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ

トップに戻る