Archives : 2014年01月

一期一会

昨日、外出帰りに夕食を食べようと思い、豚丼のお店へ。

常連ではないが、会計時に店主が「あれからすぐにお越し頂き、ありがとうございます」と一言。

実はその店自体には何度か行ったことがあるのだが、定休日や閉店時間等々で入店出来ずにいた。

その何度かの1回で偶然店主さんにお会いし、話すことが出来た。

なんでも、TV番組のケータリングもしているので結構お忙しいとか。

「また来て下さい」と言われ、時間が出来たらと行こうと思っていた。

それから間もなく、外出の用事と食事時間が重なったためお店に行ったら営業中で、入店したところ、店主が私のことを覚えていてくれた。

帰り際に「先日はすみません。味はいかがでしたか」と声をかけてくれた。

「美味しかったです。ようやく食べれて良かった。また来ます。」と言って私は店を出た。

それから数週間は経っていたのに覚えていてもらっているとは。

別に役得も無ければおまけもないし、私自体そこまで期待はしていない。

だが、覚えていてもらえることは非常にありがたい。

「一期一会」というものでもないが、いい形で出会え、思えてもらうことは嬉しいものだ。

最近はそのようなことが減ってきたというよりは人との繋がりが煙たがられるような感じがしている。

私自身も世間一般のことを言えるような人間ではないが、そんな私ですら感じるのだから寂しいものだ。

もっと人との繋がり、出会いを大切にしていってもらいたいものだと改めて思った次第。

また、お店には行こう。

今度は仲間を連れて。


今日のつぶやき
「1月ももう終わりか・・・・・。2月よ、こんにちは」

考え事をする考え

最近、考え事をしすぎたためか、いささかスランプ状態だった。

別に私個人が考える必要もないことが多いのだが、生来の考える癖、疑問に思う癖がそれを許さない。

それだけ諸問題が世の中に多くあるという表れなのだろう。

その諸問題についての一個人の見解はいずれまた文面にして発信するつもりだが、どこまで上手く表現出来るかはわからない。

素人が玄人になることは容易ではない。

私自身、玄人になりたいと思ったことはあるが、今の段階ではそれを生業にすることは至難だ。

でも、考えることをするからには何かしらで発信したいという気持ちがあるため今に至っている。

この気持ちをわかる人はおそらく身内でもいないだろうな。

それにしても、色々な面で今後の先々が心配だ。

世間一般が注目しているのはやはり東京都知事選や消費税関係に伴う景気の先行き、中国韓国との歴史等問題、沖縄基地問題、TPP問題だろう。

あとは各自の立場や私事、家族・親族・友人等の関係だろうか。

とにもかくにも考えることは多い。

それだけ生きているということは凄いのだろう。

出来るだけ早くスランプから抜け出したいものだ。

今日の一言
「暑寒の繰り返しでは具合が悪くなる一方。こちらも気をつけなければ」



東京都知事選の考察

東京都という全47都道府県の中でも首都というポジションを担うトップを決める選挙が来月の9日に行われる中、次々に立候補者が名乗りをあげている。

中でも注目を浴びているのが細川元首相と舛添元厚労相の2名ではないだろうか。

他にも宇都宮前日弁連会長や田母神元航空幕僚長など数名が立候補を表明しているが、注目度や経験地からすれば前者2名の方が圧倒的に有利である。

だが、個人的には今回の選挙ほど東京都民はおろか政治というものを馬鹿にしているものはないと考えている。

本来であれば石原元都知事から継承した都政を猪瀬前知事が全うに行えれば良かったのだが、自身の政治献金問題で辞職をせざるを得なくなったための選挙、石原・猪瀬両氏の意思もそうだが、都民のことを第一前提に立候補者は考えていかなければならない。

にもかかわらず、与野党問わず自前候補者を擁立することが出来ず、気付けば今回のような自体に陥っている。

自民・公明両与党は舛添氏を、民主党は細川氏を共産・社民が宇都宮氏をそれぞれ支持するようだが、あくまでも支持のみで公認や推薦にはしないし、舛添氏はかつて自民党を批判・離党した点、細川氏は首相時代の政治資金問題等々による不信感も残っているようで、一部では態度保留や批判が拭えていない。

また、他党について態度は明確でないが、舛添、細川両氏が軸になることは想定される。

しかし、今回の選挙のメーン課題は都政についてのはずなのだが、小泉元首相の「脱原発」というテーマが主軸になりつつあることが懸念だ。

細川氏の立候補も小泉氏や旧新党時代の同士たちから担ぎ上げられたようなもので、自身でなく他人の褌で相撲を取ろうとしていること自体が候補者としてあまり相応しくない。

舛添氏については過去に都政を志して都知事選にも出馬しているが、それ以前に自身が率いてきた政党を蔑ろにし、国政から足を洗ってから都知事にというのもどうかと思ってしまう。

かといって、他候補についても実際に都政を率いる力があるかは未知数すぎる。

過去の都政を見ていけば、大半が実力者またはリーダーシップがあった人間ばかり。

様々なことを議論し、それを都政に生かすことは都民からすれば大いに歓迎出来るが、今回ばかりは期待はあまり出来ない。

また、今回の選挙を国政の大転換へ利用、脱原発や原発政策議論を大いにしてもらいもっと力を入れてもらいたいという勢力があるようだが、着眼点がずれ過ぎている。

国政に影響を及ぼすことは否めないが、何事にも国を前面に出してしまうのであれば地方分権には値しないし、都道府県や市区町村などの行政などお飾りみたいになってしまう。

最近の選挙は「民衆」のための選挙とは思えないほど酷い。

せめて、今回の都知事選が都民のために行われ、都民が望むとする都政を担う者に知事になってもらいたいものだ。

そして、今後行われる選挙についても同様になることを切に願いたい。

今日のひとこと
「寒さに凍えてしまいそうだ。このまま都政も冷え込まなければいいのだが・・・・・」

暫定的ですが

名前とブログタイトルを変更しましたので連絡します。
アドレス等々も変更しますので、完了次第ご連絡します。

取り急ぎですが、ご連絡ということで。

2014年「始動」

2014年になり、気づけばもう6日も経過しているとは。

時の流れの速さには相変わらず脱帽です。

元旦から6日間で色々な報道がありましたが、ここでは割愛。

さて、今年はどのような年になるのでしょうか。

まぁ、今から約360日に何が起こるかなど想定も推定も難しいところですが、個人的には平和・平等であればいいような気もします。

本日から仕事が本格始動しますが、今週は様子見ですかね。

とりあえず新春早々から張り切りすぎて身体を壊してしまわぬように少しずつ身体を慣らし、頭を働かせて行きましょうか。

今年も皆様が健康かつ幸せになりますように。


※本日より始動します。
 皆様、よろしくお願い致します。
ギャラリー
  • アイバンさん
  • アイバンさん
  • アイバンさん
  • 腰が………。
  • 腰が………。
  • 母校にいます。
記事検索
アクセスカウンター

QRコード
QRコード
ブログトピックス
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor画像検索ランキング
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor プロフィール
livedoor 天気
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
J-CASTニュース
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ

トップに戻る