Archives : 2008年09月

迷うことは答えを見つけ出す過程だ!

深夜遅くの更新です!

サンスターです!


久々に部活の同期と食事をしてきました。

相変わらず仲間といると楽しいですね(^∀^)

食事中にちょっとした勝負をしました。

自分の住む市町村の住み良さランキングで最下位だった人がトップにデザートをおごるっていう内容。

ちょっと自信無かったけど面白そうだったので勝負に参加しました。

結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


断トツでビリ・・・・・・・・・。゜゜(´□`。)°゜。


だって580位くらいだもん・・・・・(つд⊂)ゴシゴシ


他の仲間の市はみんな2桁だった・・・・・。


少し自信あったのに、ちょっと御殿場市に疑問持ったよ・・・・・。

アウトレットやゴルフ場に富士山もある観光地だし、インターとかもあるのに・・・・・。

でも、その反面として東富士演習場とキャンプ富士、そして3つの自衛隊駐屯地がある。

だから順位低かったのかも・・・・・(´;ω;`)


まぁ、個人的には御殿場はいい場所だと思いますけどね(・◇・)ゞ


それに、御殿場市は祖母の叔父が初代市長として立派に成長させた場所だから一族の一員としては自慢したい位良い市です(⌒-⌒)


それはそうと、面白い話を求められた。

でも、なかなか面白い話が出来ない。

起承転結のように落ち=笑いがないといけないのだが、どうしても転結までが上手く出来ない・・・・・。

次集まるまでの宿題になりました・・・・・。

今までは起承転結なんか気にしないで喋っていたけど、最近はそういうものを求められるから安易に話せなくなりました。

多分全盛期より無口になってます・・・・・。


下手したら何も話さない寡黙な人になりつつあるね・・・・・。


仲間が笑いに貪欲になりすぎて時々頭抱えるね( ・Д・)


気付いたらいじられてばっかでさ、こっちとしては慣れないから大変ですよ( -д-)ノ

求めていないのに相手が求めてくると空回りしちゃうね。

だから余計に気を遣ったり気を遣わせたりで・・・・・。


仲間に相手にされないよりはいいだろって言われると確かに相手にされないよりはいいかなって思う。

でもさ、どうしても昔いじめられていたことや自分の考えていることと違ったりするからどうしても受け入れがたくなってしまうんだ。


まぁ、あんまりこういった事に悩むべきでないのかもね。

まだまだ子供だからもう少し大人にならんとね。

最近人が悩んだ時とかにこんなことを言います。

「人生は喜劇(喜怒哀楽がある劇)であり悲劇だよ」とか「人生は芝居、自分自身が脚本を書き、主演を演じるんだよ」とか言います。

名言なのか明言なのか迷言なのか・・・・・。

苦し紛れに言ったり、適当に言ったり、本当にそう思って言ったりしますね。

人を勇気付けたいのか自分を勇気付けたいのか・・・・・。


でも、私としては人生は劇だと思いますよ。

ただ、自分の芝居と書いた脚本は下手だね。゜(´Д`)゜。

他の演者(仲間とか)は上手いのにさ・・・・・。

もっとそれを生かせるようにしないといけないよね(*゚∀゚)っ

それと、構成作家や演出が出来るような人を見つけないと・・・。

まだまだ大根役者な私ですけど、今後ともよろしくね!


あと、自分自身を捨てないようにしないと。


自分まで捨てたら芝居は終幕だからさ。


ではまた!

麻生丸の船出

発足したばかりの麻生内閣の支持率が平均50%位であった。

中には50%を切ったデータもある。


麻生本人は今回の支持率についてはまだ内閣としての実績が無いから気にしないというような発言をしたが、一番ショックを受けたのは麻生であるはずた。


麻生の前の安倍、福田両内閣ですら就任時に50%を切ったことはなかった。


安倍の場合は小泉後と国民の人気も有ったから支持率は多かった。


しかし、福田の場合、総裁選での国民人気は麻生に持っていかれていた上、前任者の安倍の突然の病気辞任での組閣だったのだが、就任時支持率は50%を切らなかった。


おそらく官房長官時代のスタンスを評価する声が多かったからだろう。


だが、麻生はこの両名に負けた。


前回と今回の総裁選を見ても支持率は圧倒的に麻生に軍配が挙がっていた。


なのにこのような支持率になってしまったのか。


一般的な見方では期待外れの組閣、麻生前の2内閣の政権投げ出しによる国民の政治不振や自民党政権に嫌気が出てきたというような見方だろうが、私はそれ以外にもあると考える。

私が考えるに、麻生は目立ち、出しゃばりすぎたのではないのだろうか。


総裁選でも他の4候補がいる中で既に都道府県と国会議員の過半数の票を押さえていたために出来レースのような情勢を招き、組閣でも目立つ人事はなく、自らが閣僚名簿を読むということもあった。


完全に自分が自民党を支えている屋台骨、党の顔だと思っているのだろう。


そんな支持率の内閣で早々に問題が起きた。

一つは河村官房長官と小渕少子化担当相の献金問題、もう一つは中山国交相の発言問題とその責任による辞任である。


相変わらずの身体検査と組閣人事の詰めの甘さを露見させる格好だ。

私が懸念していた発言問題だが、まさかこのようにあっさりあるとは思わなかった。


早速暗礁に乗り上げた麻生丸、打開策はあるのだろうか。


い愨海………。


※全4〜5回予定で書きます。

トライアルというスーパー

みなさん、夜遅くの更新ですみません。

サンスターです!


本日は久々に新しいスーパーを開拓しました。


トライアルという総合スーパーです。


ちょっとその付近に用事があったので行ってみました。


気に入りましたね!


私好みの物が結構ありますからね。


特に嬉しかったのは大好物の一つであるレバーフライがお惣菜コーナーにあったことですかね。

魅力を感じました!!!!!


他にも欲しいものが多くありました。


値段的にも結構良心的。

まぁ、OKというスーパーに勝てない部分は多くありましたけど、全体的にはいいスーパーですね。



またそのうち行きたいです!


今日はそれだけ。


ではまた。


麻生丸の船出

麻生太郎内閣の閣僚の顔ぶれを見た。

正直に申し上げてこのような顔ぶれでは現状の自民党の危機を脱出するのはいかがなものかと思う。

これが麻生丸の乗組員となった閣僚たちである。

■麻生内閣(2008年9月24日認証式)

【総理】麻生(あそう) 太郎(たろう)68
党幹事長・外相・総務相・党政調会長・学習院大・福岡8区・衆9(麻)
【総務】鳩山(はとやま) 邦夫(くにお)60
法相・党選挙制度調査会長・文相・労相・東大・福岡6区・衆10(津)
【法務】森(もり)  英介(えいすけ)60(初入閣)
党労政局長・厚生労働副大臣・労働政務次官・東北大・千葉11区・衆6(麻)
【外務】中曽根(なかそね)弘文(ひろふみ)62
文相・首相補佐官・党参院政審会長・慶大・群馬選挙区・参4(伊)
【財務・金融】中川(なかがわ) 昭一(しょういち)55
党政調会長・農水相・経済産業相・党組織本部長・東大・北海道11区・衆8(伊)
【文部・科学】塩谷(しおのや)  立(りゅう)58(初入閣)
官房副長官・国土交通委員長・文部科学副大臣・慶大・静岡8区・衆5(町)
【厚生労働】舛添(ますぞえ) 要一(よういち)59(再任)
厚生労働相・党参院政審会長・外交防衛委員長・東大・比例代表・参2(無)
【農林水産】石破(いしば)  茂(しげる)51
防衛相・党総務副会長・防衛庁長官・運輸委員長・慶大・鳥取1区・衆7(津)
【経済産業】二階(にかい) 俊博(としひろ)69(再任)
 経済産業相・党総務会長・国対委員長・運輸相・中大・和歌山3区・衆8(二)
【国土交通】中山(なかやま) 成彬(なりあき)65
党文教制度調査会長・文部科学相・経済産業副大臣・東大・宮崎1区・衆6(町)
【環境】斉藤(さいとう) 鉄夫(てつお)56(再任)
環境相・党政調会長・科学技術総括政務次官・東工大院・比例中国・衆5【公】
【防衛】浜田(はまだ) 靖一(やすかず)52(初入閣)
 テロ防止特別委員長・党国対副委員長・防衛副長官・専大・千葉12区・衆5(無)
【官房】河村(かわむら) 建夫(たけお)65
党政調会長代理・文部科学相・法務政務次官・慶大・山口3区・衆6(伊)
【国家公安】佐藤(さとう)  勉(つとむ)56(初入閣)
 総務副大臣・総務委員長・厚生労働政務官・県議・日大・栃木4区・衆4(古)
【経済財政】与謝野(よさの) 馨(かおる)70(再任)
経済財政担当相・官房長官・党政調会長・通産相・東大・東京1区・衆9(無)
【行政改革】甘利(あまり)  明(あきら)59
 経済産業相・予算委員長・労相・通産政務次官・慶大・神奈川13区・衆8(山)
【消費者行政】野田(のだ) 聖子(せいこ)48(再任)
 消費者行政担当相・郵政相・党政調副会長・上智大・岐阜1区・衆5(無)
【少子化】小渕(おぶち) 優子(ゆうこ)34(初入閣)
党広報局長・文部科学政務官・TBS社員・早大院・群馬5区・衆3(津)

 【閣僚の担当】▽総務相=地方分権改革▽官房長官=拉致問題▽国家公安委員長=沖縄・北方対策、防災▽行政改革担当相=規制改革、公務員制度改革▽消費者行政担当相=科学技術政策、食品安全▽少子化担当相=男女共同参画

 【表の見方】氏名、略歴、最終学歴、選挙区、当選回数。自民党の派閥略称は(町)は町村派、(津)は津島派、(古)は古賀派、(山)は山崎派、(伊)は伊吹派、(麻)は麻生派、(二)は二階派、(無)は無派閥。【公】は公明党

                 (フジサンケイビジネスアイより抜粋・引用)


経歴を見れば各人ともに各分野での活躍をしてきた人物ばかりであるが、これから選挙をしようという内閣にしては地味目であり、華がない。

ささやかれていた民間人や知名度・実力派といった議員たちの登用はなかった。

サプライズ的な人事といえば戦後最年少で入閣した小渕優子位だろうか。

全体的に見ても論功行賞や自分に比較的近い人間の閣僚登用が多く感じるし、ここまで地味だといくら各人に実力があったとしても、結果的に目立つのは総理の麻生だけ。

事実、本来なら女房役の官房長官が読み上げるはずの閣僚名簿を総理自ら読み上げることを考えれば自身が自民党と内閣を背負っていると自負しているに違いない。

おそらく選挙管理のみの内閣として発足したのだろう。

ただ、この顔ぶれを見て危惧することがある。

それは「失言癖」を持つ人物がいるからである。

総理である麻生以下、鳩山、中山と過去にした失言で物議を招いた。

口は災いの元、だが、野党やマスコミはその口元を常に見ているだろうから一つの失言で内閣が倒れてしまう可能性もあるだろう。

果たしてこの内閣はどの位の支持を最初に得られるだろうか?


                            

                            へ続く・・・・・。







麻生丸の船出

昨日、ついに第一次麻生太郎内閣が発足した。

自民党総裁選に4度出馬してやっと掴んだ総理・総裁の地位。

しかし、麻生丸という船の航海は前途多難、むしろ沈没の危機すらあるのだ。

小泉純一郎という大宰相の後を継いだ安倍晋三、福田康夫というビッグネームの2人だが、安倍政権時の参議院選大敗で野党が参議院の主導権を握り、衆参ねじれ現象が発生し、国会運営の困難な情勢によって共に1年足らずで政権を投げ出す格好になった。

その後を継いだ麻生だが、先の2年間のつけが自民党の支持率や当時の内閣の支持率を下げ、逆に民主党をはじめとする野党が支持率を拡大、そんな最中で衆議院解散総選挙が迫っている。

与野党共に来年9月に任期満了を迎える選挙の前倒しをし、互いに民意を得ようと必死だ。

民主党の小沢一郎代表は「政権交代の秋、政権奪取の秋」と党会合で発言、自らの選挙区を鞍替えして刺客として動く考えなどが明らかになり、文字通り自らの政治生命を賭けた争いをしようとし、その他の野党も民主党の勝ち馬に乗る形で動いているが、今一つ埋没したように感じ取れる。

選挙ムード一色になりつつあるが、選挙以前にまだまだやらなければいけないことが多くあるはずだ。

食品、年金、後期高齢者医療、金融危機、安全保障と挙げれば限が無い。

与野党共に政策は掲げているものの、今一つ伝わりにくく、このまま選挙に逃げられても困るものだし、公約になっても実現が出来なければ意味が無い。

「選挙!選挙!」というのもいいが、もっと国家・国民のことを考えてもらいたいものだ。

新政権はどう動くのか見ものである。


                            △紡海・・・・・。




疑問が確信へ・・・・・。

みなさん、そろそろ秋も本格化しますね。
サンスターです!

さて、本日は履修登録をしてきました。

してきたのはよかったんですが、問題が発生・・・・・。

なんと重複していた教科があったんですね。

「後期も講義継続が決まったんでよろしく」って担当の講師さんが言っていたので履修したら科目名が前期のまま・・・・・。

若干疑問に思ったけど、多分教務のミスだと思ったんですよ。

聞くまでもなくポストに投函。


そしたら「被るかも」って。

教務課に行ったけど、注意書きに返却不可って書いてあった。

とりあえず、10月の履修登録確認の際に別の教科を修正して入れようと思います。

そしたらまた疑問が・・・・・。


それはあるはずの授業のシラバスが存在しないこと・・・・・。

何故?

普通は修正するはずなんだけど・・・・・。


改めて帝京クオリティを味わった気がします・・・・・。


どうしようかな?


しばらく考えます。


ではまた。


復帰初日・・・・・。

秋なのに夏並みの暑さですね。
みなさん、こんにちは!
暑さに負けそうなサンスターです!

さて、本日から大学に復帰しました。

まぁ、復帰しても授業はいつもと同じだし、友人や仲間とは会わないから大して面白みも感じません・・・・・。

まだ授業の時間割も検討段階です。

明日までには出さなければいけないのでちょっと困っています。


一応、当初の目標である200単位取得を目指そうとはしていますが、卒論とかを考えるとちょっと迷います・・・・・。

どうしますかね・・・・・。

まぁ、まだ時間があるのでじっくり考えます。

ではまた。

ギャラリー
  • アイバンさん
  • アイバンさん
  • アイバンさん
  • 腰が………。
  • 腰が………。
  • 母校にいます。
記事検索
アクセスカウンター

QRコード
QRコード
ブログトピックス
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor画像検索ランキング
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor プロフィール
livedoor 天気
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
J-CASTニュース
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ

トップに戻る