野党よ、野合の勝利を当たり前に思うな。

久々に筆を執る。
いつもの口癖であることをお許し願いたい。
このところの政治が低レベル過ぎてしまい、論ずることすら嫌になっていた。
まさかの野党同士の合流には呆れてしまった。
何もかも考え方が違うのに、安倍首相憎しだけであのような選挙をするとは、ただの集団のいじめと一緒だ。
しっかりとした政策論争はなく、ただの批判の応酬。
与党ももっとしっかりとした政治をしてほしいものだが、まだまだ物足りなさがある。
だからあのような選挙になってしまう。
今回は全体では与党の勝利だが、野党同士で重点の1人区で勝利したのはある主与党に対する批判の受け皿を上手く利用し、受け入られた結果だろう。
とはいえ、今回の当選は純粋な勝利ではない。
あくまでも4党の組織力での勝利であり、個党の勝利ではない。
その結果が全体の結果だ。
与党も野党もしっかりしてもらいたいものだ。
今のままでは日本が終焉だ。

横暴な与党と死に体ダメ野党に暴力デモの国はもうダメか…。




しばらく国政を遠巻きで見ていたが、改めて思うことが3点ある。

〕薪泙議席の数にものを言わせて横暴化してきた点

¬酖泙倭衒僂錣蕕座舒討盻个気此反対ばかりで政党の機能を完全に失っている点

M諭垢碧^討紡个靴独紳个離妊發鮃圓人々が現れたが、こちらもただ反対で、対案を出さず一方的な感じが見受けられる点

特に安保法制においてはこの上記3点が非常に感じ取られる。

与党側は野党の戦略なき戦略によって混乱し、一部議員側が暴挙に出て、その暴挙があまりに横暴すぎてマスメディアや国民から批判される始末。

結果的に強行採決になってしまったのだが、もう少し我慢して対応をしていれば今回のようなことにはならなかった可能性もあるのではと考えてしまう。

野党側は現政権になると完全に議席数や支持率で圧倒的な不利になり、結束するときは法案審議の妨害の時だけで、あとは物見の見物のような感じになっている。

さらには今回の安保法制の審議を止めようと女性議員たちが与党側の議員にセクハラされたなどという話や責任者の解任決議などによる妨害工作が起きていることを報道で見て国会議員のレベルが低下しているなと呆れてしまった。

まずは反対意見の明確化及び対案を提示するのがしかるべきなのだが、それすら行わず、ただただデモ活動に便乗してしまうのだからもはや野党の機能は完全になく、ただの税金無駄遣い集団でしかないと私は思えてならない。

また、今回の安保法制のデモで、大学生で結成された団体の活動が注目を浴びていることについてだが、デモ活動には政治に関する高まりを感じられるし、他の民衆を扇動させることが出来る力を証明出来たことは一定の評価だと思う。

しかしながら、中身が「反対」の一点張りで、それ以上に係る内容が皆無に近く、また、今回の安保法制が承認された場合、賛成した議員の落選活動を展開するという発言が出たときには、社会的に人を排除または拒絶するような行為を行うという恐ろしさと品位と人格の欠如を感じさせられた。

さらにはデモ=民主主義という考えを持っているようだが、それは一部の方々の意見であり、一方的に国民を馬鹿にするとかいう表現や発言は適切ではない。

このような光景を見ていると、日本という国はもはや国家としての機能は悪化の一途を辿っているように思えてならない。

何事をするにもここまでお粗末では笑うことも出来なくなる。

戦後70年、今まで平和に生活出来たことは奇跡に近いと私は思う。

周辺諸国では戦争が発生したり、軍事力を増大させたりと我が国に対して非常に脅威となる中、先般発生したイスラム国による誘拐、テロリストによるアルジェリアの企業プラント占拠、9.11テロなど他国での事案ながら日本人が犠牲者になっている。

すぐそこまで来ているテロの脅威、他国の侵略。

それなのに今までが問題ないから大丈夫だろうという慢心的平和が長続きするとは思えない。

何かあれば欧米諸国やアジア諸国が日本を守ってくれるというのは夢物語だ。

日本は独立国家なのだから本当の意味で世界から認められるように動かなければならない。

そのためには今回の法案は成立してもらいたいのだが、成立をするにしても未だに理解はおろか勘違いをされている方も多いので、賛成する与党議員は休みを返上で国民一人ひとりに対しての行脚をしなければならないだろう。

法案が拒絶されたとしたら、野党や反対するデモ側の人間は対案を作り、国民国家に示さなければならないのが普通だが、今のままではそれすら不安だ。

しかし、何もされず、現状維持を望むだけなのであればこの国は国としてはもう死んだも同然だ。どこかの国の属国か世界のための経済特区的なポストになり、国家を返上すべきだと私は考える。

自国も守れない、他力本願で困ったらお金や諸外国が助けてくれるというような考えの国などもはや国家ではない。



3.11

本日は東日本大震災から丸4年です。

犠牲者に黙祷を。

災害復興に祈願を。

日本は地震大国ですが、このようなことが起きないことを願うばかりです。

今年も既に2月末ですが・・・・・。

ご無沙汰をしております。

新年に更新し忘れたので、旧正月にでも更新しようかと思いましたが、これも忘れ、
今日に至った次第です。

まぁ、更新もそれほどしてないので閲覧者もいませんが、改めまして、今年も宜しくお願いします。

もう少し更新出来る様に環境も整えていこうと思います。

とりあえず、今日はこの辺で。

手付かずなまま年越しを

気がつけば12月も31日です。

師走だけあって業務過多等により更新が滞ってしまいました・・・・・。

毎度のことながら申し訳なく・・・・・。

さて、今年も色々ありましたが、今までで一番色々学んだ年かもしれません。

来年も頑張っていこうと思いますので、皆様、宜しくお願い致します。

取り急ぎ文面のみ。


与野党ともにもっと意識改革を

このところ、政治に興味が薄れたのは政治家の資質が悪くなったからだと思う。

昔は国民国家のために一生懸命だった部分が多く垣間見えたのだが、今はひたすら安定政治ばかり。

それも悪いわけではないが、1回失敗すればすぐに政治不信だとか退陣・解散というキーワードが出る。

政策や議論が1年や2年という中で完璧に出来るわけがない。

少しずつ調整し、変化を見極めたうえで最善の策を執ることが普通ではないのだろうか。

日本の政権が短いのはこういう世間一般論が通用出来ない永田町の常識と官僚支配から脱却出来ないからだ。

もうすぐ衆議院の解散と総選挙が師走に行われるようだが、政治と金だけでは国民は政治家を選ばない。

どれだけ自分たちのために働いてくれる人を議員に押し上げるべきだ。

「改革」というキーワードを一昔聞いた記憶があるが、今こそ再度改革をすべきなのではないのだろうか。

この先、日本がどのようになるのかは今の現職議員たちに託している。

与野党とも足の引っ張り合いではお笑い番組よりもつまらない。

もっと昔のように白熱してもらいたい。


今日のひとこと
「何事も変革がきっかけだ!」


鬱病の手前まで

先日来より抱えていた仕事での人間関係の悩みがとうとう爆発した。

あまりにも仕事にならないし、恐怖心で心身ともに困憊してしまった。

上司に訴え、午後から病院へ行くことにした。

心療内科というところは初診の人間には若干冷たい。

それは先に紹介を受けていたり、事前予約しないと駄目とのこと。

これでは唐突な患者は受け入れてもらえない。

しかし、致し方ないと思った。

それは私が病院に一歩足を踏み入れて感じたことだが、待合室は常に満員状態であり、私以上に辛いことを抱えて診察を受けようとしている方が大勢いたことだ。

国民病の一種である身心を伴う病気、どんなに健康であっても、どんなに心が丈夫だと思っても誰もが簡単に病にかかってしまう。

恐ろしい世の中になったものだ。

そんな大勢の患者がただでさえいるのに、新規に増やしたりしたら診療どころではなくなってしまう。

だから予約をさせてから来院させるのだろう。

中には通常の病気と間違える可能性もあれば、冷静になり、身心が安定する時間も出来るのだから。

事前に色々と記入をし、1時間ほど待って医師からの診察を受ける。

といっても、私の話を聞き、それをメモするだけの作業だ。

そこから薬の有無、カウンセラーの有無を判断するというもので、私はカウンセラーによる診断を進められた。

ここまで悪化するとは思わなかった。

病でないとはいえ、自分に対して怒りを感じる。

とはいえ、これも致し方ないのだと思うしかない。

私はまだ良かったのだ。

酷くなれば社会にすら復帰できずに苦しむ人も多くいる。

私はこれから向き合い、対処していけばよい。

とはいえ、不安は多い。

とにもかくにも少しずつ前進あるのみだ。

8月

8月になりました。

「暑い」の一言に尽きます。

7月も暑かったけど、8月の方が余計に暑いと思えてしまうのは私だけでしょうか。

これらか社会人はお盆休み、学生さんはすでにお休み。

私もお盆明けに休みを頂き、実家にてのんびりしようと思っています。

昔と違い、年々仲間と会えなくなる寂しさは増しますが、のんびりと身の丈にあった休みに出来ればと思います。

このところ、凄惨な事件や馬鹿らしい出来事など起きております。

その辺の話はいずれ・・・・・。

ではでは!

虚無

気づけば7月、結構更新していませんでした・・・・・。

まぁ、地道にやっていくつもりです。

とりあえず、もう少ししてからコラム等を書いていきますよ。

梅雨が明け、初夏です。

熱中症等の体調管理をしていきましょう。

御身体をご自愛下さいませ!

ではでは。

梅雨にうんざりする。

このところ、天候不順が続き、気が滅入ってしまう。

梅雨とはいえ、ここまで雨ばかりというのも人生初かもしれない。

洗濯も出来ないし、通勤も濡れたりするので面倒。

食事にしてもジメッとした感じな時は食欲も出ない。

四季を味わうのは好きなのだが、ここまでくれば迷惑もいいところだ。

とはいえ、気象は自然に発生するのだからコントロールは出来ない。

むしろ我々人間がコントロールして如何に天気と上手く付き合っていくかという点を考えた方が得策だろう。

とはいえ、その気分すらもこの天候が奪っていく。

まぁ、そんな日もあるさと思うのもいいかもしれないが、その気分も長くは持たない。

なるべく早めにこのジメッとした感じの梅雨から解放されたいものだ。

今日のつぶやき
「W杯、日本はどこまでいけるのか?少し注視しよう!」

歩くことのススメ

大した話ではないが、私は歩くことが好きだ。

といっても、ウォーキングのようなものでなく、街ブラ的な感覚で歩くこと。

だから1日1万歩以上歩いても運動したような感じでいるが、場所によっては買い食いをすることもあるので
どちらかというと食べ歩きなのかもしれない。

しかし、歩くことの中で私が決めていることがある。

 ̄親阿垢詭榲の時は一心不乱にただ歩く。
暇つぶしで歩く時は適当に歩く。
G磴な、食事をする時は目的と目的外を念頭に歩く。
ど當未乏好屮蕕垢觧は史跡・名所、行ってみたいところや興味をもったところをのんびり歩く。

馬鹿馬鹿しいように思われるかもしれないが、意外とこのような感じで歩くと発見が大きい。

近道や美味しい物の発見に史跡・名所などへの感動、運動目的での目標達成などたくさんある。

それに、改めて生きていると考えさせられることがある。

それは場所場所による生活や環境の違いだ。

先進している場所もあれば古き良き場所もある。

そういう環境下にいる人たちを観察することもまた魅力であり、楽しみでもある。

大した目的もなく歩くこともまた気分転換になる。

たまには時間を見つけて歩いてもらいたいものだ。


今日のつぶやき
「集団的自衛権、目的を明確にすれば国民も理解するはずなのだが」

銀座が異国に・・・・・。

先日、所用で銀座に行ったのだが、土曜日で歩行者天国だったのにもかわらず日本人がほとんどいないことにビックリした。

すれ違う人の大半は中国や韓国の旅行客、確かに近年は周辺の再開発や商業施設の充実により外国人観光客も多くいたが、まさか日本人に会わないなんて思いもしなかった。

場所が場所だけに異国にでも行ってしまったかのような錯覚に陥りそうだった。

だが、社会的にも対立しているのに普通に観光客として来日してくれることは嬉しい。

惑わされる情報よりも自らの五感にて感じてもらいたい。

あとは解釈次第なのだが。

それにしても、日本人がいないのは逆に寂しいものだ。

時間帯が夕方前ということもあるが、日本の中心の一つとなるであろう場所にいないというのは疑問符が付く。

それはそれで面白いかもしれないが、あまりいい感じはしない。

次に銀座に行ったとき、日本人がどのくらいいるのだろうか。

少し気になるところだ。

今日の一言
「夏前に夏を感じる今日この頃。体調管理を忘れずに」

人を常に疑って掛かることが必要なのか?

このところ、誰を信じてよいのかわからなくなる。

あの人はこのように言っていたけど、本当はこのように言っていたとか、この人は君のことを良く思っているように言っているけど、本音は悪口ばかりだとかということを聞くとなんだか嫌になってくる。

事実、私は様々な場所にて話の話題になるようだが、どのように言われているのかと思うとちょっと怖い。

良く考えれば、話題になることで当人やその周囲が盛り上がるのであればいいのだろうが、悪く言えば何も迂闊に出来なくなってしまうという事だ。

良かれと思って行った行動が裏目に出て悪評をされるのも嫌だし、真面目にやったことが面白可笑しく評されることもあまりいい感じはしない。

最近の世の中の話題になる方々の気苦労を考えると私など小さすぎる悩みかもしれない。

だが、何をするにも気をつけないと怖くて不安でたまらない。

今書いていることですら正直何を思われるか不安だが、何もしないでいるのも変だ。

何を言おうが書かれようが思われようがそれはその人次第だから致し方ない。

しかし、それを利用する行為だけは許せない。

笑いならそれでもいいが、本当にその人を悪者にするような風評被害を受けてしまえば元も子もないのだから。



今日のつぶやき
「夏らしくなってきた。でも春を感じていないのでもう少し春を味わいたいと思うのは私だけか」


四季がわからない

4月になり、春らしくなったと思ったら、寒すぎて冬が戻ってきたと思った途端、今度は暑くて夏模様。

四季が一年中感じられるイメージとでも評するべきか。

暑い→寒い→暑い→適温→寒い→暑いという具合のヘビーローテーション状態。

身体だってここまでくれば誰だって具合も悪くなる。

四季とは各季節を様々な五感で楽しむものだと私は考えているのだが、これでは五感ではなく五官がおかしくなる。

これからゴールデンウィークという大型連休、人によっては上手くいけば16連休にもなる。

この連休が布団の中に包まって養生することだけは避けたいものだ。

もう少し春の陽気に誘われたいものだ。


今日のひとこと
「韓国の客船事故、政府も加害側もお粗末!被害関係者が不憫だ」

作者的閑話休題

気付けば4月も後半戦、前半は特に訳もなかったが文章を書く気になれず、そのままにしてしまった。

生来の気紛れ気質をお許し頂きたい。

1日の増税後、経済は泣かず飛ばずといった様相で、このまま来年の増税を考えると一気に10%にした方が色々楽だったのではないかなと改めて感じた。

STAP細胞の件は賛否両論あるが、如何せん一個人だけの攻撃が続く状況はあまり変わらず、関係者に至っては早々の幕引きを試みようとしているように感じるのだが、こちらもまだまだ泥沼化しそうである。

そんなSTAP細胞の関係を取り上げるマスメディアには改めて呆れてしまった。

着眼点が会場費とか衣装代とか本質に欠け、なおかつ真実とは間逆のゴシップに移っている。

これでは日本の将来は皆無だと思うのは私だけか。

朝や昼の長寿番組が終わり、新装したものの、こちらも泣かず飛ばず。

それだけ前の番組が偉大だったということを改めて思い知らされたようだ。

年度始まりだというのに中途半端さが露呈している4月、GWを挟めば五月病が待ち構えている。

こんな状況では春から夏は鬼門じゃないかと心なしか不安である。

今日のつぶやき
「満開桜もそろそろ終焉、葉桜の残り桜がいい感じの味を出している」
ギャラリー
  • アイバンさん
  • アイバンさん
  • アイバンさん
  • 腰が………。
  • 腰が………。
  • 母校にいます。
記事検索
アクセスカウンター

QRコード
QRコード
ブログトピックス
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor画像検索ランキング
本ブログパーツの提供を終了しました
livedoor プロフィール
livedoor 天気
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
J-CASTニュース
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ

トップに戻る